ページビューの合計

2018年7月18日水曜日

カジノ法案がなぜ必要?2025年大阪万博を人工島夢洲に誘致しようとしているがそれと一体的にすすめるつもりか?

自公が強行に主張しているが維新もこれに同調する理由がこれか?
大阪府と市はカジノも開発計画にいれているという。この法案がとおらなければそれもできなくなる。
自公政権と維新の会はまだ開発優先を考えているからこんな発想が出てくる。

過去の開発はたびかさなる災害で壊され、高速道路網も整備しつくされ、国土開発がゆきづまりもはや「リニヤ」や外環道、辺野古などの超大型開発しかなくなってしまった。原発開発もゆきづまった。企業をさらに生かすためにはもう金をまわすしかないとでも考えているのか?それも日本企業にならまだしも外国企業のもうけに貢献しようとしているとは?。。。。かんぐりすぎか?

2018年7月9日月曜日

歴史的豪雨が分かっていながら酒盛りをしていた首相とは! 安倍のことである!

大型ハリケーンの連発でも死者を出さないキューバとの違いがある。その訳は?

キューバは気象学が発達している。ハリケーンの通り道であるこの島にとって、天気予報は命綱である。2008年の夏、二つの巨大ハリケーンが直撃した時には、同じハリケーンで100人以上の死者を出したハイチとは対照的に、キューバでは誰も死ぬことはなかった。キューバではハリケーンが来る前に、気象予測をもとにしっかりした準備・非難を徹底したからだ。

 キューバの気象学の発達を裏づけるエピソードを現地の方から聞いた。以前もキューバは天災で多くの死者を出していたという。それは、「天気予報が当たらなかった」のも一因だったらしい。それに激怒した国家評議会議長(元首)のフィデル・カストロが、なんと自ら気象学を猛勉強し始め、気象予報士にあれこれと口を挟みだしたというのだ。
 これで慌てたのが気象予報士である。革命の闘士であり英雄でもある国のトップが自分の専門領域に詳しくなり、あれやこれやと文句をつけてくる。「玄人はだしの独裁者」がいては、専門家もクビが危ない。というわけで、気象予報士たちも文字通り必死になって研究を進め、今では災害予防に絶大な貢献をするようになった。

◆歴史的豪雨が分かっていて酒盛りをする首相の、危機意識とリーダーシップの欠如

 今回の豪雨に関していえば、7月5日夜には豪雨が予想される各地に政府・行政が大々的な警戒を呼びかけ、もともと危ない地域には早めの避難準備を促し、場所によっては避難勧告や指示を出していてもよかった。
 政府がリーダーシップを発揮して、あらかじめ準備を促すよう大々的に手を打っておけば、ここまでの人的被害は出ずに済んだのだ。実際、今回の豪雨に関して気象庁が緊急記者会見を開いたのは、同日午後2時だった。
 安倍君には辞めて貰おう。オウムの幹部に死刑をした法務大臣、防衛省の大臣、カジノを許す国土交通大臣(公明党)ももちろん辞めて貰いましょう。


2018年7月5日木曜日

30日・3日杉並区長区議補選選挙の結果について支部で論議。以下はそれに基づくあくまでも私論。正確には日本共産党杉並地区委員会による。

☆選挙全般について

〇期日前投票がますます多くなってきているので選挙運動も告示日の翌日が投票日のつもりで早くから選挙運動をしないとだめ。また選挙にいくのが困難なお年寄りもふえているので在宅投票(郵送による投票ー今は介護認定5の人と障害者手帳の1級~3級の人の一部)の範囲をもっと拡大しないといけないのではないか?)すでに指定病院入院者は不在者投票はやっているとのこと

☆選挙結果について

〇野垣候補の得票はしらべたところ1983年以降の区議会議員選挙(その前の得票状況などはしらべきれなかった)の日本共産党得票数のなかでは最高票。ちなみにその時は定数52で9議席獲得して24000票ほどとっているので、今回の選挙は来年7議席獲得の展望がひらけた。
〇三浦候補の得票も日本共産党が支持した候補のなかでは1982年以降二番目の得票。今回立憲民主の管議員が田中の第一声にきたり、立憲民主党の現区議が支持をしていたらもっと票はとれたのではないか。野垣・関口・奥山の区議補欠選挙の立候補者の票をあわせれば当然田中より票は多いのだから。次回はぜひとも共闘を強固にしてかちたいもの。

☆三浦ゆうや当選のための選挙運動について

〇つながる会のみなさんご苦労さまでした。私たちもタウンミーティングなど市民運動らしい選挙は新鮮でしたしそれに励まされて、三浦当選のため頑張ったつもりです。
 しかし今回私たちも野垣・三浦と声をかけて支持拡大運動しましたがどうも区長の名前をさきにだしていうわけにもいかず、野垣支持を訴えてから三浦を応援しますという話になってしまいましたう。そうするとどうしても三浦のインパクトが弱くなってし。。。。まいます。区長選挙の情報が少ないのでとまどいもありました。また、応援というので支持者の中には山本たろうがきらいだからという人や共産党はだれに入れろといっているのかという問い合わせもあったりして三浦区長候補にとっては若干不利になったのかもしれません。
〇これからは憶測に近いのですが。。。
これが政党間と市民運動間で協定など早くから強固なものがあれば政治団体として登録して選挙中でもビラをまけたでしょうし政党を全面にだしてしまえば資金についても安心だし、選挙は政党が事務処理もわかているはずなのでその力を市民がわでもっと利用し方がよかったように思います。今回はそれぞれがバラバラでうごいているようなきがしましたのでそうすればもっと票はとれたような気もします。。(情報がないのでやったのにできなかったり私がしらなかったりしているのならごめんなさい。)

2018年6月25日月曜日

三浦ゆうや・野垣あきこ 得票はのばしたが残念な結果におわった。でもこれがはじまりだ。健闘したことは間違いない。

http://www.city.suginami.tokyo.jp/senkyo/1035043/1035053.html

区・区議補欠選挙昨日終了開票をまつのみ。選挙戦の感想

選挙区間が短いので三浦ゆうやと野垣あきこの知名度浸透がどこまでいったか?けっこう電話でお知らせしたつもりだが、日本共産党は選挙中ビラもだしたが田中区長の法定ビラはでたが三浦ゆうやのビラは出せず、その分宣伝戦ではまけていたようだ。

また今回三浦ゆうやは政党として日本共産党・緑の党・新社会党だけの応援になってしまったのは残念。
特に立憲民主党は長妻さんや管さんまで田中区長を応援。セシオンには吉田はるみさんがきたので積極的に応援するかと思ったが結局現区議が田中区長応援にまわっているから実質的に区の立憲民主党は分裂選挙ー自主投票というらしいがーというより田中区長応援選挙になってしまった。

こうみると結果論だがもっと日本共産党が党中央を先頭に三浦ゆうや応援にはりつくくらいのとりくみも必要だったかともおもう。当然つながる会が了承したらの話だが。。。

 三浦ゆうやさんの市民運動スタイルの選挙運動はすごく新鮮だったのでよかったが、選挙は法的実務も必要。第一声のさいスピーカーの向きや垂れ幕の補修とかに田村議員や富田区議がやっているのをみると、常時選挙をたたかっている日本共産党の選挙実務者がいないようにみえた。選挙戦は実務も大切だからそこに議員ではなく日本共産党の選挙実務者が選挙中はりつくことが必要だったとおもうがどうだったのだろうか?

立候補がきまったときから政策協定をむすんで日本共産党推薦または支持となれば選挙当初から実務者や選挙参謀が日本共産党からもで実務的にはもっと党派選挙に近い形で選挙戦をたたかえたようにもおもう。
支持者のなかには告示後でも「区長はだれにいれればいいの」という質問が支部によせられていた。赤旗読者でさえ区長は三浦さんでいいんですよねという声もあった。力がおよばなかったという面で反省材料だが、支部の影響外で共産党に支持を寄せている方は区長は三浦だと確信をもってわかったかどうかあまり自信はない。

いずれにしても今度の杉並区長選挙ははじめてのケースなので若干のとまどいのなかで選挙をたたかったのはいなめない。今後はこの経験をもとに戦いたい。来年は区議本選と吉良よし子の参議院選挙。区長選挙では吉良よしこではなく山本たろうさんの応援もあわせてしていたようなものだったので切り替えないといけない。。。

2018年6月21日木曜日

区長・区議補欠選挙 三浦ゆうや・野垣あきこの朝宣伝 マイクをつかえないのが残念だが、一人ひとりに声をかける

毎日街角のどこかで選挙カーとは別に声かけ運動をおこなっているが、もう今週の日曜が投票日なのに選挙へのもり上がりはいまいち。

21日6時には西荻駅前に小池晃・吉良よし子がきて応援演説がある。
毎日日本共産党の宣伝カーがはいれば選挙は盛り上がるはず。

2018年6月19日火曜日

杉並田中区長公用車使用問題 中野区にはない公用車。区長の夜間乗り回しで運転手の超過労働が常態化していた。15日日本共産党杉並区議団が記者会見。

舛添前都知事の公用車使用は全く私的なもので辞任は当然だった。

田中区長の場合は以前も他区の選挙応援に使用して問題だったが、夜遅くまで公用車を使用して運転手を拘束してた。夜遅くまで杉並区以外でどこの杉並区住民と話をしていたのか?
しかも公用車の運用実態は毎日破棄されるという。でもでてきた。黒塗り箇所もあったそうだ。これでは国の文書破棄や改ざん問題と同じではないか?どこかはわからないが夜公用車をつかうのは異常。以下参考
http://atsuginami.blog.fc2.com/

労働関係法違反をやるのはブラック企業。ボスがみずからやっていては杉並区がブラック事業者になってしまう。

赤旗では以前から取り上げていたが16日の毎日新聞や他紙でもとりあつかっていた。