ページビューの合計

2020年7月7日火曜日

香港の出版停止。これは思想信条の自由まで侵す。戦前の治安維持法と同じ。中国は政権の反対派を弾圧することは世界人権宣言をも無視する暴挙だ!反対政党がない国にはこの反対運動はわからないのだろう。困ったもの。

コロナ感染対策の基本は国民の命と生活を守るのが基準。経済活動は国民がにない国民が恩恵を受けるもの。そう考えたときの路線は?

 新しいコロナの委員会ができたが、要は経済を回しながらということだが、その判断は感染者と・非感染者及び回復者=抗体保持者を一刻も早く把握することから始まる。
 憂慮すべきはすでに欧米が突然変異により感染力が増大したウィルスが猛威をふるっているのだから、そのウィルスの入国を阻止するとともに感染者をあぶりだして、隔離するのをいそがないと、ひょっとして今研究しているウィルスをまたいちからつくらなければならなくて、おいかけっこになるのではないかと心配している。

今国民はすでに基本的には自粛ーマスクをし、三密を避け、手洗いと消毒と検温ーをしている。
だから行政が一番やることはクラスターを探し出すことよりもどう感染者を確認し、隔離して未感染者が安心して経済活動に従事できるようにすること。これが一番大事だと感染が始まる当初がらいっているが財政にのことを常に優先してからかなかなか感染の前をいくことができていない。やはり追いかけっこに負けている。

2020年7月6日月曜日

線状前線?による大雨。大変だが想定外を超えた災害を覚悟して対応した方がいい。

気象庁によるとこれまでにない事態と災害が起きそうになるたびに警告している。

地球温暖化による異常気象はこれまでの想定を超える気象を予想しなければならない。
利潤第一主義と競争社会、自己責任の新自由主義的思想のつけがまわっている。

コロナウィルスは突然変異により感染力がアップしたそうだ。

アメリカロスアラモス研究所の調査によると突然変異して感染力アップしたものがアメリカをこういう状態にしたらしい。

東南アジアの気候でうまれたものがグローバルによって気候のちがう欧米でみずから生き残るために変異したのだろう。今東京で感染拡大してがそれが変異した新しい種類のウィールでないkおとを祈る。はやく感染防止して、また新たな変異をする前に感染阻止をしなければならない。

山中教授の「ファクターX」とはこのことではないだろうか?だとすれば再度の変異阻止を早急にしなければならない。検査と隔離がこれほどもとめられていることはない。

宇都宮さん7は残念だった。宇都宮さんには心からお疲れさま7といいたい。

今回の選挙残念ではあったが、いくつか今後につながる面も見えてきた。

ともかくはこのコロナ危機をのりきることが大事だ。
検査がすすんできてはいるが、もっともっとだ。。後半にスピーディーに!!

2020年7月4日土曜日

荻窪で宇都宮さんは訴える。PCR検査をきちんとしないことが感染者を増やしている。


 都営地下鉄の職員、都立特別支援学校、江東区の小学校の職場内での

 感染者が出ているのに、全員に検査をしていない。

 宇都宮さんは、記者会見で今すぐPCR検査体制を1日1万件に引き上げ、早急に

 2万件(小池知事は3100件の体制があるといいながら実際にはしていない)

実施をと記者会見しました。
 
受動的検査ではなく知事自ら方針をだして積極的に検査を広範に実施することが大事です。