ページビューの合計

2018年9月24日月曜日

2018 すぎなみ 憲法の夕べ

 来る10月5日 白井聡さんを迎えて2018杉並憲法の夕べが開催されます。白井さんは政治学者で近著に「国体論ー菊と星条旗」があります。大分売れているようです。
 昨年と今年、北朝鮮がミサイルを発射し、日本国民にも危機を感じている方もあるようです。しかし、本当に日本を危機に陥れているのはアメリカではないでしょうか? 1949年からアメリカは日本に憲法の改正(改悪)を望んできました。1953年10月5日から30日まで、当時政調会長だった池田勇人とアメリカの国務次官補のウォルター・ロバートソンとの会談が行われ、アメリカは日本に陸軍兵を30万人増やせと言ったのです。アメリカは憲法の改正(改悪)の期間を要請していたのです。現行憲法はそれまでの民間の方々の憲法に関する様々な議論があり生まれてきたものです。例えば、大島の憲法がそれです。それは戦後間もないころ、アメリカが大島を占領統治しようとした中で生まれたものでした。島民たちが集まり、自分たちの意見を憲法にしようとしたことでした。「主権島民」「平和主義」を謳ったものでした。僅か59日間で大島の占領統治はなくなったのでそれらは破棄されました。それらの民間の私儀憲法は40本にも上ると言われています。それらは確かに今は埋もれてきたものですが、その精神は今に受け継がれてきたものです。それを安倍首相は覆してしまおうとしています。

 お話は「米朝首脳会談と北東アジア・日本のこれから」です。奮っておいでください。

10月5日(金) セシオン杉並ホール 午後6時20分開場 6時50分~8時50分
 前売券:800円 当日券:1000円 大学生・障碍者:500円 高校生以下:無料です。
 主催:2018杉並憲法の夕べ実行委員会
    杉並本天沼2-5-1 まちの駅みどり
    問い合わせ:塩谷 TEL/FAX 03-3396-3997
 後援:杉並区教育委員会 

2018年9月22日土曜日

辺野古基地もオスプレイもいらない!井草地域センターで三浦佑哉さんの辺野古基地とオスプレイ報告。

特におもったのはオスプレイ。
辺野古基地は当然必要ないが、それにもまして危険なオスプレイが横田に10月から配備。木更津が修理工場になるというが当然そうなると東京上空をとおることになる。騒音問題も深刻だろう。

がそれに加えオリンピックにむけて羽田着陸の飛行機が増発。低空で杉並のとなりの中野渋谷品川上空を通る計画があり、品川区長選挙の争点にもなっている。ただでさえ最近自衛隊機が杉並上空をとおるが、さらに空は騒がしく、それにともない危険もますのでは?

朝鮮半島非核化にむけ平和の話しあいはすすむのに日本上空は一向に平和ではなく軍事用騒音で悩まされることになる。それが首都圏上空でだ。。。。も

2018年9月19日水曜日

井草区民農園、廃止されるという噂がしきり。区でなんとか存続できないものか?

オーナー^の死去により相続問題も生じたといわれている。
緑はつぶしたくないし、区長は保育と老人ホームをもとめているようなのでそれも考えられる。
区は積立金があるから計画的に考えてほしいもの。
向井公園は地元の篤志家のはたらきかけにより区が公園にしたのに、それを裏切ってつぶして保育園。そのつぐないを区長はすべきでは?

沖縄知事選 玉城デニーさんで辺野古基地中止に! 安倍とつながる佐喜真候補は辺野古推進派。。。

玉城デニーさんの告示2日目の沖縄県うるま市での集会の映像。
1時間17分のスピーチの中に糸数慶子さん、沖縄国際大のOBの青年や女性たちの沖縄
県民の熱い思い、
デニーさんを知事にの決意が詰まっています。

デニーさんの登壇は最後から約17分の部分に収録です。
https://www.youtube.com/watch?v=eSnKpcQwVHI

2018年9月16日日曜日

22日13:30~井草地域センター 「沖縄の今 横田のこれから」三浦佑哉弁護士とともに沖縄知事選挙中の沖縄の報告とトーク

沖縄知事選挙ではデニーさんに!!!
沖縄の新時代は自公推薦の候補では開けない。基地を抱えた沖縄をこうしたのは中央の自公政権。このままでいいのか?がとわれる。
遠く離れた東京の人間としても他人事ではない。10月には横田にオスプレイ。
基地のこわさを知っている沖縄をもっとしらなくては。。。。そしてデニーさんの勝利こそ前に進んでいける。自公維新推薦の佐喜真さんでは沖縄だけでなく日本が後戻りを始める。

なお、フェイクニュースに注意!!噂やSNSにたよるのではなくでは自分の眼と耳と頭で理性的に考えるのが大事。。。

2018年9月3日月曜日

沖縄県知事選(9月13日告示、30日投開票)15日・22日杉並区でも玉城さん支援集会がおこなわれる。翁長さんの「弔い合戦」はまさに国を二分する総力戦になる

以下週刊現代の安室奈美恵さんの記事
 
県民世論を無視し、米軍普天間基地の辺野古移設に突き進む安倍政権は、知事奪取に向け死に物狂いだ。迎え撃つ“翁長陣営”は自由党の玉城デニー衆院議員の擁立に動き、「オール沖縄」の再結集を急ぐ。そうした中、安倍自民がピリピリしているのが、国民的人気歌手の安室奈美恵(写真・AP)の動向だ。
 9月16日に歌手活動を引退する安室は、存命中の翁長雄志知事から5月に県民栄誉賞を贈られた。翁長の急逝に接すると、追悼文を発表。その内容は真情あふれるものだった。
〈県民栄誉賞の授賞式でお会いした際には、お痩せになられた印象がありました。今思えばあの時も、体調が優れなかったにも関わらず、私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました。沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております〉
所属レコード会社に促されたわけではなく、安室サイドが自主的に発したものだという。
「ハッとさせられたのが、〈翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ〉というくだりです。安室さんが辺野古移設阻止に向けて闘った翁長知事の政治姿勢を支持しているのは明白でしょう。移設反対派にとって非常に心強いこの言葉をNHKはバッサリとカットして放送していた。それだけ、安室さんの発言には影響力があるということ。安倍政権に忖度したのでしょうが、沖縄で安室さんの追悼メッセージを知らない人間はいませんよ」(県議会関係者)
 その後も安室は積極的に動いている。沖縄県の観光ブランド戦略推進事業「Be.Okinawa」に無償協力。観光をはじめとする経済振興策を推し進めた翁長の遺志に寄り添うかのようである。引退前日の9月15日はラストライブが決定(14ページで詳報)。普天間基地を抱える宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟(5000人収容)で開催される音楽ライブに出演し、反戦ソングでも知られるBEGINやMONGOL800が共演する。ともに同郷の仲間だ。安室さんは単独ライブでもほぼトークをしないほど口下手ですが、共演者との掛け合いの中で故郷へのさまざまな“思い”を口にする可能性は大きい。
宜野湾市は自公が推薦する佐喜真淳前市長のお膝元です。知事選告示2日後にそのド真ん中で声を上げられたら影響は避けられない、と陣営は戦々恐々だといいます」(在沖メディア関係者)
安倍自民は党本部職員を次々に送り込み、国政選挙並みの態勢で臨んでいるという。
沖縄県政に詳しいジャーナリストの横田一氏が言う。
「安室さんがひと言発するだけでも、佐喜真陣営の票を切り崩すのは必至。ましてや、〈翁長知事に捧げる曲です〉とでも言及すれば、自公にとって破壊的な効果をもたらすでしょう」