ページビューの合計

2021年3月28日日曜日

定例 西友前街頭演説会 「社会的検査をすれば感染者は増える?」

こんな質問をしてきた人がいた。 検査をすれば感染者がふえるようにみえるが実は感染者がいるのに野放しにしているのがわかっただけだ。 さらに「野党は反対ばかりで対案がない」と。。。圧倒的な社会的検査こそその対案だが 「PCR検査は医者がするものだ。」。。。医師が検査をする目的は治療のた偽陰性をふせぐため何回がおこなって治療確定の判断にするようだが、                          量は少ないが各自治体や政府がやろうとしているのは無症状者と変異株をみつけるためで                          治療目的ではない。我が党が主張しているのは広範にやって感染者を特定し保護することだ 「検査をしたいなら民間でいくらでもできる」。。。。それが無料でできることになって保護するのも補償できるようになれば感染源の遮断は                                圧倒的となる 「この検査で仕事ができなくなると企業は小さいところは倒産する!」。。。        だから補償するための持続的給付金とか休業補償などを野党にせっつかれて政府は遅ればせながらやるようになった。        経済をまわすためやらない方がいいという意見だったとしたら昨年のスウェーデンの集団免疫を待つ態度だが、この国はそれは否定された。        つきつめると経済と感染拡大防止政策のどちらを優先するか経済か命かという議論になってしまう。 これまでの政府の検査抑制政策の裏にはこのようなことをかんがえていたのかもしれない。 どちらにしても政府はその政策を今少しかえようとしている。オリンピックが足かせにならなければいいが。。。。

こんな感染拡大のなかでもオリンピックはやるつもりか?医療崩壊をふせがなくてはならないのになんで今病床削減法案をだしているのか?

昨年来コロナ感染防止よりオリンピック経済効果を優先してきたため今になってもコロナ感染をおさえこめなかったのではないのか? 東京都は昨年来病院の独立法人化を促進してきたし、保健所もどんどん統合してきて減ってきた。 この影響が今コロナ感染拡大に当たり大きな負の遺産になっている。 それなのに今病床削減法案?どうなっている?

2021年3月26日金曜日

「十五の春は泣かせない」50年も前の社共共闘による革新知事の言葉。政府は今泣かせているのでは?

10年前も原発事故により福島の浜通りでは卒業式もままならず、同級生はちりじりになった。 今コロナによって今度は全国的に通常の卒業式はできず、修学旅行もいけない。 十五の春は悲しい春になっていしまった。

コロナ感染拡大のなかオリンピックをやろうというのか?医療崩壊寸前なのになぜ病床削減推進法案を決議しようとするのか?

コロナ感染拡大をおさえるよりオリンピック経済効果を優先したため、感染防止がゆるくなっていまだにおさえこめていないのではないのか? 病院の独立法人化とか保健所の整理統合を推進してきたつけが今まわってきたのではないのか? さらに医療崩壊においうちをかけるような病床削減推進法案を今だしてくるとはどうなっているのか? 自公政権のやっていることは経済最優先することによって国民の命を危うくしようとしている。 経済をささえているのは国民だということを忘れている。国民が病めば経済拡大などできるわけがない。

2021年3月25日木曜日

緊急事態宣言解除されて感染者が増えた。山梨と東京。広島と宮城の政策の違いを参考にすべきだろう

政府と小池都知事は国民にお願いをするだけ。小池知事にいたってはコロナ対策に要したj費用のほとんどは国の財政援助にたよっていた。 経済活性化というなら金を安易にだすのではなく、、また人の自粛にたよるのではなく、自粛をうながすような施策をするのがたいせつではないか? 今回のコロナについてはすでに進化してしまっていて、これまでと同様な施策ではだめだろう。 要は軽症者か無症状者がどこに集中しているのかを広範なモニタリング調査をして感染拡大をさせないような施策が必要。 政府は偽陽性を問題視ししてこれまではPCR社会的検査に消極的だったが、当然そうであっても陽性者は一定程度わかる。 モニタリング調査が拡大すれば感染者を保護し感染を防止する大きな政策になる もっと積極的な感染防止政策を望む

2021年3月22日月曜日

オリンピックで9万人来日。医療崩壊は大丈夫か?

オリンピックに海外の観客はこないが9万人といわれる出場者と関係者が来日する。 当然それに備えて1万人の医療従事者と選手の怪我やコロナ対策のため国内30カ所の指定病院が必要といわれている。 これをどう確保するのか? それによって国内コロナ対策のための病床やワクチン接種の対応は確保できるのか? そこの保証をどうするかが大問題。その対策をしなければオリンピックのために医療崩壊が現実のものとなってしまう。 それと感染の拡大が抑えられていない今オリンピック開催によって、来日した選手の安全の確保はできるのか? 一方海外からきた選手などからの感染はふせげるのか? 疑問は湧き上がるばかり。。。

原田あきら都区政報告会や集いが連続して開かれる。「聞いてみよう、話してみよう。報告会」

都政報告会中心に 3月27日(土)1:15~ 永福和泉地域区民センター 第三集会室 酒井区議「政治を語るつどい」 3月27日(土)1:15~ 松ノ木2丁目第三アパート集会室 野垣あきこ都区政報告会 4月4日(日)1:30~ 本天沼集会所